緊急援助のお願い

 3月11日には当館も被災しました。電気、電話、水が止まり、展示物や書籍が散乱、扉が全て外れて窓ガラスが割れ一時は足の踏み場もない状態でした。その後、ボランティアの協力でなんとか復旧することができ、今は通常通り開館しています。スタッフとボランティアは無事でしたが、会員・サポーターの中には被災された方や原発事故で避難されている方もおり、そういった方々への支援も含めて緊急援助が必要な状況です。

 今回の震災では、ほんとうに多くの尊い「いのち」が奪われました。アウシュヴィッツを通して「いのち」の大切さを伝えてきた平和博物館として、私たちは今こそ役割を果すべき時と考えています。原発事故が発生した福島県に立地する施設として今年度は厳しい運営を強いられることになりましたが、私たちこの地に踏みとどまって、震災前の計画通りに小中学生の入場料無料化や、企画展、巡回展、出前授業、講演会等を通常通りに行なってまいります。

 援助金に加え、ぜひ従来通り見学会や学習会などで博物館をご活用いただき、また、草刈り、受付、データ入力等のボランティアなども含め、あらゆる面でご支援をお願い申し上げます。

2011年4月27日
NPO法人アウシュヴィッツ平和博物館



★援助金は下の郵便振替口座までお送りいただければ幸いです。

口座番号 02290-5-98638
加入者名 アウシュヴィッツ平和博物館

★会員(サポーター会員)も募集しています。詳細はこのホームページの「サポーター会員募集」の項をご覧ください。