アウシュヴィッツは、
第二次世界大戦時にナチス・ドイツが占領地ポーランドに建設した
最大規模の強制収容所です。

150万人の尊い命が奪われた同収容所跡は、
広島の原爆ドームと同様に
『人類が二度と繰り返してはならない20世紀の負の遺産』として、
ユネスコ世界遺産に登録され、
ポーランド政府が国立博物館として保存しています。
アウシュヴィッツ平和博物館では、
同国立博物館から借り受けた犠牲者の遺品・資料や記録写真、
当館所蔵のアンネフランク関連写真・資料等の展示を行っています。
平和博物館Webサイトのメインホームヘ
(20秒後にメインホームヘ自動的にジャンプします)